スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -

2012年、最後の駄文

その1 ダイエットを始めて1ヶ月

お菓子などの間食を止めて、食事量も腹八分目を心がけたら、ちょうど2kg痩せた。
というか、この方法はすでに限界だと思う。
なにしろ運動量が少ない。
意識して自転車に乗ってはいるが、通勤距離ぐらいでは雀の涙にもならない。
筋トレの必要性をヒシヒシと感じるけれど、厄介な腰痛が邪魔をしてくる。
さあ、いきなり壁にぶつかったぞ (*_*;

その2 STRAVA始めました

GPSサイコンやスマートフォン・アプリから取得したGPS走行記録を、ネット上にアップし管理してくれるサイト。
STRAVAの面白いところは、至る所に設定された区間を走ると、勝手にタイムトライアル計測して、その区間のランキングに組み込んでしまうこと。
計測区間は主に坂道なので、トップ記録を出すとKOM(King Of Mountain)の称号が貰え、これを狙って仮想ガチンコ勝負する人もいるほど。
データ量の少ない道なら、ゆっくり走った人の走行記録まで表示されるから、速い人の記録と否応なしに比較されてしまい、「なんでこんなに速く走るの?」と苦笑いしてしまう。
一人で走っていて、何らかの水準を知りたいとか、メリハリをつけて走りたい人に向いているかも。

その3 本ブログの行方

去年から業務形態が変わって、時間的制約のためブログの記事を書きづらくなり、だんだんと疎遠になってきた。
そろそろブログの進退を・・・と思ったこともあったけど、やっぱりブログは止めましぇん!(笑)

というわけで、来年もよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年を!


JUGEMテーマ:ロードバイク総合

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村ランキングに参加中
バナーの1ポチをよろしくお願いします!
JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ロードバイク | 15:58 | comments(0) | - | -

もしも石鎚山ヒルクライムに出場したら

愛媛県久万高原町には、西日本最高峰の石鎚山(いしづちさん)があり、石鎚スカイラインという道路を使用して「石鎚山ヒルクライム」が2011年から開催されている。
詳しいことは省くが、11.0kmと7.4kmの二つの競技区間の合計タイムを競い、平均勾配6.0%というデータが公開されている。

さてさて体力のない僕が、タイトルのとおり「もしも石鎚山ヒルクライムに出場したら」という妄想をここに記してみよう。
ルートラボで似たような勾配の坂を探してみると、距離1.1km、平均勾配6.6%の道があるので、実走してみることにした。
ロードバイクの重量は概算で10kg、約5kgのバックパックを背負い、34x25T(ギア比1.36)、65rpmのケイデンスで走ったが、デブで貧脚なものだから辛いつらい(泣)
結果はAve.11.7km/h、5分52秒という体たらく。
これを第一区間11.0kmに当てはめると、走行時間は57分となり、年齢別レースリザルトと比較すると
  見事、ブービー賞獲得!
第二区間も失速することを加味して50分で走ったとすると、合計1時間47分となって年齢別クラスのワースト10に入賞(?)するというバーチャルな結果が出た。

・・・まあ、妥当でしょう。いや、D.N.Fだろうな・・・


JUGEMテーマ:ロードバイク総合

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村ランキングに参加中
バナーの1ポチをよろしくお願いします!

ロードバイク | 00:19 | comments(0) | - | -

プロローグ

JUGEMテーマ:ロードバイク総合


2008年12月、念願のロードバイクを購入。
2009年1月7日、体力向上を目指すため、サイクロコンピューター「キャットアイ CC-TR300TW V3」を購入したが、
ブラケットとスピードセンサーを取り付けただけで未使用のままだった。

2009年1月11日、仕事中に妻からメール。
足の裏がパックリ切れる怪我をしたので病院に行きたい、とのこと。

これは一大事!!

ロードバイクに乗って帰宅することになり、ついにサイコンを使う時が来た。
このときの僕は、最高出力でペダルを漕いだ。
帰路は向かい風でなかなか前へ進まず、息もあがり、脚が回らない。
それでも通勤時間の最短記録を更新して自宅へ戻ることができた。

妻の怪我は縫合したが軽傷で済んだ。良かった。

ひと段落した後、サイコンのデータを見る。
そこに表示されたのは、Ave(平均時速)27km/hだった。

えっ!?
あんなに必死にペダルを踏んだのに、僕ってこんなに遅いの!?
Ave.30km/hくらいあるかと思ってた。
正直、ショックだった。まさに貧脚。
練習する時間は少ないものの、まじめに自転車に取り組もうと決意する。

さあ、どうなることやら。

ロードバイク | 00:00 | comments(0) | - | -