スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | -

<< 素人メンテナンス ―最後に悲劇が― | main | ハムスターの死 >>

ホイール、シュシュシュ

ブレーキをすると後輪から「シュシュシュ…」と一定の間隔で音がする。
普段の走行で耳にしない音は、悪い知らせと決まっている。とりあえず止まって確認しないと、被害が拡大することになる。
微妙に濡れた路面を走ったから、ブレーキシューにゴミが噛み込んだに違いない。
帰宅してシューに突き刺さったゴミを千枚通しで取り除き、平ヤスリでゴシゴシ擦って、ホイールのリムに当たる部分を均一にして、さらにリムも研磨ゴムで擦って汚れを落としておく。

これで大丈夫だ、と思って自転車に乗るけど異音は無くならない。

DSC_0705.png
どこに原因があるんだ?

ホイールを食い入るように見ていくと、リムに何か、本当にわずかな盛り上がりがあるのを発見する。

2015年2月5日 213759 JST.png

リム面にアルミのような金属が突き刺さり、ブレーキシューに押さえ付けられて熱で溶けて同化したみたいに見える。
千枚通しで突っついても取れないので、紙ヤスリで削ってリム面と均等な高さにして、ようやくメンテナンスを終える。

結果は良好。
でもブレーキシューの磨耗度合いが進行していて、そろそろ全交換の時期が近づいていることが分かった。
こまめな手入れで愛車の不具合を未然に防ぐことができる。
これからも気を付けていこう。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります \(^o^)/


JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ロードバイク | 23:30 | comments(2) | - | -

スポンサーサイト

- | 23:30 | - | - | -

Comment:
2015/02/10 2:15 PM, みっふぃー wrote:
雨が降った日とか、雨上がりの日はよく食い込んでますよね・・・そして、砂がつきすぎていて、メンテ大変になります・・・
2015/02/10 9:56 PM, 赤佐田 菜浜 wrote:
みっふぃーさん、コメントありがとうございます。

ブレーキシューがゴミを噛み込んで、ブレーキをしたときの、ジャリジャリという音がなんとも背筋が寒くなりますよね。
ロードバイクを快適に走らせるための整備の必須項目ですね (^_^ゞ
Add a comment: