まだまだ続くよ、讃岐うどん店めぐり

単身赴任すると、休日のたびに家族のもとへ帰省するわけにはいかない。
つまり休日の過ごし方が重要になってくるのだ(大げさ)
せっかく香川県に来たのだから、讃岐うどん店へロードバイクで行って、舌鼓を打つのが自然な流れだろう。
そんな訳で、今回は「多田製麺所」(木田郡三木町池戸)へ向かった。

DSC_0813-400x300.JPG

店内の壁に貼ってあるメニューを見ると、釜玉うどんの写真が何とも美味しそうだったので、直感的にそれを注文した。
しかも勢いに任せて大を頼んでしまった (^^ゞ
このお店では注文後、天ぷらを取ってカウンターの座席に着いて待っていると、うどんを持ってきてくれて、この時に支払いするシステムになっている。

DSC_0811-400x300.JPG

うどんは素直なコシと弾力で、卵とよく合っていて美味しい。
かけうどんも欲しいけど、もう一軒はしごする予定なので我慢しよう。
再び来ようと思う、とても美味しいお店だった。

次のお店まで11km。30分を見込んで進むと、案外早く着いてしまった。
2軒目は「中西うどん」(高松市鹿角町)で、ここも有名店だ。

DSC_0816-400x300.JPG

広くて明るい店内で、壁には有名人との記念写真も飾ってある。
かけうどん小とかき揚げを食す。

DSC_0818-400x300.JPG

角の立った太めの麺と聞いていたが、自分的には普通かな、という感じ。
でも、麺といりこ出汁の一体感があって美味しくて、人気のお店というのも頷ける。

いっぱい食べたので、大きく張り出た腹がペダルを漕ぐ脚に影響しているのを実感しながら帰宅した。
帰った途端に、鼻水が洪水のように出て、くしゃみを連発、涙が止まらない。
これは、きっと黄砂の影響だ。
明日からの仕事、大丈夫かなぁ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで1km多く自転車で走ります ╭(๑•̀ㅂ•́)و グッ !


JUGEMテーマ:ロードバイク総合



ツーリング | 23:59 | comments(0) | - | -

讃岐うどんめぐりライドはつらいよ

今日は気合いを入れて、うどんめぐりライドしようか。
目指せ、3軒!

と思ってロードバイクで出発し、訪れたのが「はりや」
かしわ天ざるうどんが美味しい有名店との事前情報を頭に入れて、11時開店の20分前に到着する。
一番乗りだったりして、なんて軽い気持ちで店に近づくと、すでに6人並んでいる。
なにこれ平日だよ? 
私の認識の甘さが、すぐに露呈する。
開店時には30人くらいは待っていただろうか。

DSC_0784-400x300.JPG

かしわ天ざるうどんを食す。
弾力のある麺と少しだけ甘味のあるつけ汁、塩コショウの下味がついた出来立ての鶏の天ぷらを頂く。

DSC_0783-400x225.JPG

美味しかった。
でも、1軒目でお腹一杯 (^-^;

うどんめぐりと言いつつ、めぐる気持ちはすでに無くなったので、高松市内をポタする。

DSC_0793-400x300.JPG

高松港の防波堤の突端に赤灯台があって、周辺は景色を眺める人で賑わう。
天気もいいし、とてもあか抜けた印象だ。

出発前の誓いをどうしようかと思っていたが、もう少し頑張ってみようと考え直した。
同僚が勧めてくれていた店に行く。

DSC_0801-400x300.JPG

「しんせい」
かけうどんと、たこの天ぷらが人気とのこと。
しかし、お店を訪れたのは午後1時で、うどん屋としてはピークが過ぎた時間帯になるので、天ぷらの種類が少なかった。
店内のほかに緑豊かな庭に設けられたテーブルがあるので、そこでかけうどん小と芋天ぷらを食す。
無料の天かすをかけると、鶏唐揚げや竹輪の磯辺揚げの天かすを混ぜてあるので、うどん以外に色々な味を楽しめたのが面白かった。
素朴な出汁がとても美味しくて、ゴクゴクと飲んでしまう。

DSC_0799-400x300.JPG

一日で2軒をめぐったのは、やはり胃にこたえた。
夕食は無しになりましたとさ。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村
バナーの1クリックで1km多く自転車で走ります ╭(๑•̀ㅂ•́)و グッ !


JUGEMテーマ:ロードバイク総合



ツーリング | 23:59 | comments(0) | - | -

讃岐うどんの名店めぐりポタ(後編)

前回から更新が遅れてしまい申し訳ないです。
この記事は4月12日のライドです。

さて、タイトルにあるうどんめぐりは、実は前回の話で終了。
あとは高松市内をポタします。
出来るだけ大きな道路で、路肩の広い路線を選んで走ってみようと考えて、国道11号を東向きに進む。
交通量はあっても道路が広いため、車と並走しても間隔があるので安心して走れた。
と思ったら、自転車の交差点進入禁止が多くて、ちょっと進んでは歩道に入って、自転車を押して地下道を進んで車道に復帰して、を三回繰り返して諦めた (+_+)
国道11号線から北上して県道272号線を東進すると、讃岐製麺所のうどん店を通過した頃より、急に空気がアスファルトの無味乾燥から土の香りが強くなってガラリと雰囲気が変わってきた。

runtastic2017-04-12_12_33_29.jpg

春らしいうららかな天気に恵まれ、穏やかな景色を眺めつつ走れるなんて、自転車って本当に気分転換にはもってこいだな。

高松市の東端まで来たら、次に北上して牟礼町と庵治町を順に通過して庵治(あじ)半島を反時計回りに進む。
右手にはエメラルドグリーンの海、左手の山合には満開の桜の木があって、眺めたり写真を撮っていたらなかなか進めなかったけれど、半島沿いは適度なアップダウンがあるので、運動するにはもってこいだろう。

DSC_0591.jpg

DSC_0595.jpg

DSC_0605.jpg

走行距離が50kmに届かないと思ったので、自宅周辺をポタして地理を把握しつつ距離を稼ぎ「53.32km」で終了。
また自転車でうどんめぐりしようと心に決めたライドだった。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村
バナーの1クリックで1km多く自転車で走ります ╭(๑•̀ㅂ•́)و グッ !


JUGEMテーマ:ロードバイク総合



ツーリング | 22:37 | comments(0) | - | -

讃岐うどんの名店めぐりポタ(前編)

やはり香川県に来たら、讃岐うどんを食べないといけないでしょう!

でも、どこの店に行けばいいのか分からない (^-^;

そんな時に頼りにするのが観光ムック本で、高松市内の有名店を目指して出発することにした。

幅の広い車道を進めば、交通量があってもちゃんと車は自転車を避けてくれる。


まず最初に到着したのが「竹清(ちくせい)」。



DSC_0583.jpg


ここは、半熟卵天ぷらを全国に広めた有名店で、常に出来立て熱々な天ぷらを提供するそうだ。

かけうどん1.5玉と半熟卵天ぷら、ちくわ天ぷらを頼むと、注文を受けてから天ぷらを作り出し、後で運んでくれるとのこと。

セルフ店だからうどんを自分で湯通しして、だしをかけ、席につくまで短時間だし、かけうどんなんてすぐに食べてしまうから、この時間差がどう影響するか心配したが、間もなく持ってきてくれた。



2017-0412-110515503.jpg


少し食べ進めたうどんと、待ちきれず一口食べたちくわ天ぷらを掲載して申し訳ない。

うどんも半熟卵天ぷらも確かに美味しいが、それ以上にスゴかったのが、ちくわ天ぷら。

一口食べた時のカリッとした衣と熱々のちくわ。

揚げたての練り物が最高に旨いのは当然だけれど、ちくわ天ぷらがこれほど良い味してるのは、正直びっくりした。

びっくりし過ぎて、うどんと半熟卵の味が霞んでしまった。

(お店の人、ごめんなさい。こんな感想を持つ人も稀にいるってことをご理解ください)


かなり胃袋が膨れてしまったが、実は200mしか離れていない場所に、もう一件の有名店があるので強引に行くことにした。


それが「さか枝(さかえだ)」。



DSC_0578.jpg


竹清のときと同じ、かけうどん1玉とちくわ天ぷらを選ぶ。

こちらもセルフ店なので、自分好みの湯通し時間にするが、麺の弾力と強いコシを楽しむなら、湯通しせずにそのままだしをかけて食べるのが通らしい。

このお店の麺は、艶やかな喉ごしとコシのある食感がとても上品で、だしも香り高くて一遍で好きになってしまった。

2017-0412-111950289.jpg

間違いない、このお店、高松市内の暫定1位。

(このまま順位を維持してしまうかも)


うどんめぐりで一人盛り上がってしまったけれど、まだ走行距離は約7km。

お腹一杯の状態で走らないといけないが、ポタの話は次に持ち越すことにしよう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで1km多く自転車で走ります ╭(๑•̀ㅂ•́)و グッ !



JUGEMテーマ:ロードバイク総合



ツーリング | 23:45 | comments(0) | - | -

第2回ツール・ド・玉川に参加(その3)

Skitch.png
   (Googleストリートビューから借用)

48km地点の上り坂。
直前の下りでスピードをつけ、シフトレバー操作してフロントギヤをアウターからインナーに、もう一度インナーに、あれっ切り替わらない。
やばい、上り坂がきつくて止まりそう。ビンディングペダルだから、倒れたら頭打って死ぬ。倒れたら死ぬ。

ガキィィーーン!!

うわあぁぁっ、チェーンが噛んだ!
慌てて道路端に寄り復旧を試みたが、チェーンがフロントディレーラーとアウターギアにがっしり噛み込んでいる。
スクーターに乗った関係者も手伝ってくれて、なんとか外したけど、アウターにするとチェーン落ちするのと、曲がったフロントディレーラーがクランクと擦れるためインナー固定で走る羽目になった。
修理すれば必ず走れると信じて作業をしていたものの、関係者から走行中止を命じられるのではないかと冷や汗ものだった。
かなり時間をロストしたので、また一人旅だ。

じっと我慢のインナー走行をして、57km地点の第4エイド「JAおちいまばり上朝倉支店」に到着。
ここでは梨のパイと濃厚なヨーグルトを頂く。
美味しい。美味しいけれど、そんなに味わっていられない。
家族が長時間待っているんだ!

さやの峠も無事にクリアすると、あとは比較的、楽に進むことができた。

Skitch.png

稲穂で作られた大きなイノシシ。
もっと近くで見ておけばよかったなぁ。
ゴールが近づくにつれ、心惜しむ気持ちでいっぱいになる。
ゴール地点では、家族がスティックバルーンをバンバン叩いて迎えてくれた。
トラブルもあったけど、楽しいイベントだったな。

ゴール後に参加者は食事券を使って食べ物を選ぶことができたけれど、カレーはすでに無く、無難に焼豚玉子飯を食したが、イノシシ肉うどんに挑戦してもよかったかな。
閉会式まで残ることはできなかったけれど、大会関係者や地元の人たちが手作りでもてなしてくれ、そして盛り上げてくれた、とても素晴らしいイベントだった。
どうもありがとうございました!



(おまけ)
焼豚玉子飯を食べている間だけ、息子に自転車を預けていたら、「何か落ちたよ」と言って黒い物を渡してくれた。
うーん、なんだろう?
よく見るとチェーンステーに固定しているはずのサイコンのスピードセンサーが壊れてとれていた Σ(´□`;)

モゲーーーッ!!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります (・∀・)ノ



JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ツーリング | 20:33 | comments(0) | - | -

第2回ツール・ド・玉川に参加(その2)

68kmコースの半分を走破したと思い込み、実はまだ3分の1しか進んでいなかったという勘違い男がお送りするサイクリング記録その2です。


順調に、いや予定より早く走っていると思い違いしている男は、玉川湖の南側を半周しながら、ボート部の練習風景を撮影したりして、まったりしながら進む。

DSC_1327.jpg

湖の南側は日当たりが弱く、路面に苔が生えているので滑らないよう気をつけてゆっくり走る。
皆さんはこれくらい苦もなく速く走るものだから、あっという間に一人旅状態になってしまった。

玉川湖を抜け、鈍川(にぶかわ)温泉の旅館が連なる温泉郷を通過すると、地味に緩い上り坂が続く。
体力を消耗しないよう慎重に進んでいくと第2エイド「竹ヶ成橋」に到着した。
イノシシ汁とおにぎりをいただいてエネルギー補給した後、この先にある最大勾配をもつ千疋峠(せんびきとうげ)を攻略するために、紅葉とのどかな自然を観賞して心を落ち着かせる。

Skitch.png

DSC_1332.png

お腹いっぱいで走れるか、ちょっと不安。

DSC_1338.png

さあ、千疋峠クライム始まるぞ (゜A゜;)ゴクリ
マイペースを貫き、大きな息つぎをしながら進む。オッサンの呼吸音を森林に響かせて、他の参加者にご迷惑をかけて申し訳ない (;^_^A
かなり脚力を削られ、もう限界に近くなってきたとき、ついに激坂が現れる。それはもう、壁に思えるくらい!
たまらず「まだ(坂が)あるの?!」と口に出してしまった。
ダンシングというより、ただ気合いだけの立ち漕ぎをして挑む。
頭の片隅で、危ないアブナイと警報が発せられる。
ビンディングペダルだから、倒れたら頭打って死ぬ。倒れたら死ぬ。
なんとかクリア!!

Skitch.png

上りきると給水所が設けられていて息を吹き返す。
激坂を足つきなしで制し、下りは慎重に進む。あとは小さなアップダウンが続くコースとなるはず。
そこで、はたと気づいた。
やっと行程の半分を超えたくらい(40km)だ (((( ;゜д゜))))
この時点で12時35分。
家族にLINEすると、もうスタート・ゴール地点に来ているらしい。
やはり待たせたら悪いじゃん?
そこからは、急いで走ることにした。
さっきの激坂でかなり脚を使ったのだが、ちょっとした上り坂でも全力で走る。
あれっ、サイクルスポーツのカメラマンが撮影してる。
うわっ、必死こいた形相を撮られた (/ω\)ハズカシーィ
と思ったところで、第3エイド「古屋之谷峠」に到着。
そうめんとチョコレートが振る舞われていたが、お腹いっぱいなので、チョコレート3個もらい1個を口にしてすぐ出発する。

人間は焦る気持ちを持つと、ろくなことがない。
そして運命の48km地点の上り坂へと進む。

    (その3へ続く)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります (・∀・)ノ


JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ツーリング | 23:36 | comments(0) | - | -

第2回ツール・ド・玉川に参加(その1)

DSC_1313.jpg

朝7時に車載して自宅を出発、用意を整えて主会場に着いたのがちょうど8時。
天候はくもり、気温17度。
じっとしていたら寒いかな、という程度で、走るにはちょうどいいくらいだ。

会場の今治市玉川福祉センターには、大きな幕が張られ参加者を迎えていた。
8時30分からの開会式では、ゲストの新城幸也さん、森本誠さん、昨年現役引退した福島晋一さん等、自転車雑誌でよく見かける方々を拝見することができた。

DSC_1318_20151124_013142.jpg

さあ、スタートだ!
会場到着から9時スタートまで、ずっと立ったままだったから、ゆっくり進んで、冷えた体を徐々に温める。
スタート直後にいきなり坂道があるけれど、さすが皆さん苦もなくアウターで漕いでいる。
他の参加者の自転車を眺めつつ「キャノンデール、多っ!」とか思いながら進んでいくと、あっという間に第1エイドステーション(12.7km地点)に到着。

Skitch.png

すでに人がいっぱいで、なんとかラックに自転車をかけて補給食をいただく。
地元の牧場で育てられた豚は「仙高(せんだか)ポーク」というブランドで展開していて、この豚肉を使ったハンバーガーが振る舞われている。
肉質が柔らかで脂身もさっぱりしていて美味しかった。もう一個欲しいくらいだ (^^)b
第1エイドでも新城選手を見かけたが、写真撮影に積極的に応えていた。
そんな人気選手を抜き去って自分は走り始めるものの、アップダウンが続くコースに、じわじわと脚を削られていく。

Skitch.png

第1エイドから6km先の峠でドリンク提供があり小休憩する。
後で分かったことだが、ここは「石坂養鶏峠」と呼ばれる場所で、卵の自動販売機を置いた小屋があったので、峠の名前との関連が分かってニヤリとした。
昔からある地名ではなくて、通称だったんだ ( ̄▽ ̄)

午前10時。
スタートから22km地点に「玉川湖畔の里」という特産品の直売所があり、ここで自分は全行程の半分は走ったと勘違いして、家族にLINEを送る。
家族は用事があるためスタートの様子は見れなかったけど、昼過ぎにゴール地点に来て見物する予定なのだ。
ちょっと気を利かして進行状況を連絡したつもりだったのだが、これが後で、自分の心理に微妙な影響を及ぼすとは思いもしなかったのである。

    (その2へ続く)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります (・∀・)ノ


JUGEMテーマ:ロードバイク総合

ツーリング | 10:04 | comments(0) | - | -

息子たちとサイクリング

DSC_0718.png

息子二人とサイクリングした。
妻の小径車を借りてサドルを最大限に高くしても、サイズが小さいから、走行距離が延びていくほど左膝が壊れていくような錯覚に見舞われる。
というか本当に痛い(苦笑)

まず桜井総合公園を訪れて、しばらく遊んだ。
この公園で、3月8日に「第1回 今治湯ノ浦温泉シクロクロス」が開催されるそうだ。
近年、日本でも人気が高まってきたシクロクロス競技が、ついに愛媛県でも開かれるので、興味のある人はぜひお越しください。

DSC_0722.png

公園で体を動かすと、やはりお腹が空いてくる。
近くにうどん屋があるそうなので、海岸沿いの道から進んだが、小さな起伏を越えなければならず、300mほど子供たちと一緒に自転車を押し歩く羽目になった。
でも辛いほどの行程ではなく、むしろワイワイ楽しくおしゃべりしながら進んで「いなか屋台 うどん村」という店に到着した。

2015-0214-113059904.png

素朴な味わいのかけうどんや釜玉うどんを、お腹が空いていた息子たちはペロリと平らげた。もちろん自分もだけど (^_^ゞ

DSC_0726.png

約2時間のサイクリングだったけど、強い向かい風に体力を奪われたりしても、子供にしてみると、ずいぶん面白がって自転車に乗れたようだ。
楽しかったね。また行こうね (^_^)v


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります \(^o^)/



JUGEMテーマ:日記・一般


ツーリング | 22:15 | comments(0) | - | -

妻クリング(さいくりんぐ)【波方町】

2月3日、妻とツーリング。
序盤、22km/hで進み、これくらいの強度でいいか聞いたところ「普通」という返答だった。
何ですか、普通って (-_-;)
これくらいがちょうどいいと解釈して、一定の速度で走る。
アウターで回すとスピードオーバーになるので、インナーでクルクルとペダルを漕いだら結構な疲労度になる。ペダリング技術なんて大して無いし、自分にとっても良い負荷になるので、めでたしめでたし。

DSC_0690.png

DSC_0691.png

1時間強の走って到着したのは、愛媛県今治市波方町にある「クーネルキッチン(KUNEL KITCHEN)」というイタリアンなお店。
この辺りでは評判の料理店で、週末は予約しないと入店できないほどらしい。でも今回は平日で開店1号の客となったので、すんなり座ることができた。
妻はお肉のランチ。

DSC_0697.png

私は魚のランチ。

DSC_0695.png

どちらも美味しい。ゆっくり食べて、くつろいで、満足できた。
料理店の隣にはパティスリーのお店。

DSC_0692.png

もちろん家族のお土産としてケーキをお買い上げ。
でもデイパックに入れて持ち帰らなければいけないので、崩れない種類のケーキを購入して帰路につく。

今日は36.5km走って、平均速度19.7km、約2時間の楽しいサイクリングだった。
軽い負荷でペダリングしたせいか、翌日は臀部が少し筋肉痛になって、日頃の運動不足を痛感した(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
バナーの1クリックで、1km多く自転車で走ります \(^o^)/


JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ツーリング | 00:29 | comments(0) | - | -

200kmライドを目指して(3)

まだ2014年12月25日の出来事を記事にしたり・・・早く終わらそう (;^_^A

いよいよ紫雲出山(しうでやま)ヒルクライムの始まりはじまりー。
事前に確認したところ、距離3.6km、平均勾配6.4%のコースだが、脚にかなりダメージのある自分としては上りきれるか、かなり不安だ。
そんなときは、あまり気負わず進めるところまで走ってみよう。

IMG_20141225_122433_2.png

スタートしてすぐさまインナー×ローにして進む。
坂の緩い区間では、もう1段か2段ギアを重くして走れそうだが、膝の悪化を恐れて最も軽いギアでひたすらペダルを漕ぐ。
途中3箇所ほど坂がキツいものの、なんとか足を着かずに上ることができた。

駐車場の案内板を確かめると、舗装された道をさらに500mほど進めば展望台に行けるらしい。疲れてはいるけれど自転車を押して歩いてみることにした。
ようやく展望台に到着して周囲を眺めてみると

DSC_0579.png

めっちゃ雲って見えんやないかーーい ( TДT)
しかも風通しがよすぎて寒くなったので、写真を撮ったらすぐに退散し、体を暖めるため「遺跡館」という施設に入った。
ここは軽食がとれて、香川県の沖合いの景色を眺めつつ休憩できる。
ただ展望台があるだけの山かと勘違いしていたので、こんな立派な施設があるなんて思ってなくて、ちょっと驚いた。

DSC_0587.png

ぜんざいを食べて、ホッと一息。
昼御飯を食べていなかったから、ぜんざいの温かさが身に染みたなぁ。やっぱり途中の補給をおろそかにしちゃダメだな。

Skitch.png

さあ、あとは帰るだけ。でも膝の調子が悪いから時間がかかるだろう。
行きはよいよい帰りは怖い ((( ;゜Д゜)))

帰路の写真は一切なし。
最初は右膝が痛かったが、そのピークを越すと、次は左膝が故障してしまった。
こうなると平地でさえ14km/hのママチャリのレベルしか進めず、緩い坂では一桁台の速度になるという悲惨さ。満身創痍とは、まさにこの事だ。
ひたすら忍耐の走行が続く。苦行の走りではあったけれど、知っている道になると安堵感から体力が回復したように感じ、膝痛みもやや和らいだ。

帰路のスロー走行も、ついに終焉を迎える。
自宅まであと約8km、195kmを走ったところで、スタートから13時間が経過したのだ。
ブルベと呼ばれる長距離走行イベントでは、200kmコースの制限時間が13時間と決められていることから、これを真似てタイムアップ。
ちょうど妻から「いつまで走ってるつもり?」と呆れられたメールが来たことから、車で回収をお願いすることにした。
あと30分も走れば自宅に着くだろう。でも、これ以上の迷惑を家族にかけるのはよそう。

というわけで、200kmライドは未達成となった。
反省点を考えていると、次に繋げる材料がいっぱい見つかったから、少しずつ改善していって再挑戦したいな。
家族、そして妻の承諾が得られればの話だけど。

[壁]_・)チラッ


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
ポチッしていただくと、幸いです (^^)b


JUGEMテーマ:ロードバイク総合


ツーリング | 00:42 | comments(2) | - | -